赤坂駅(福岡県)の大名デンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
ご予約はフリーダイヤル
電話番号:0120-337-066

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-2-2後藤ビル2F

福岡市中央区大名の歯医者 インプラント・審美歯科・ホワイトニング・PMTC・セラミック・親知らずの抜歯

親知らず

よくある質問 Q&A

Mobile Site

上記QRコードよりモバイル専用
ページがご覧いただけます。


 

親知らずとは

親知らずとは、個人差はありますが、20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。
現代人で上下4本きちんと生えている人は少数です。現代人の顎は細く、この親知らずが生えるスペースがないために、正常に生えることが出来ず、前方に傾いて生えたり、横向きのまま大部分が歯肉に埋まった状態だったりすることで、痛みを生じたり、歯並びが悪くなったり、他の歯に悪い影響を及ぼしたりします。


 

親知らずが引き起こす問題点

炎症
親知らずの一部が露出している状態では、歯と歯ぐきのあいだに食べ物のカスや歯垢が付着しやすく、そこから歯ぐきの腫れや痛みが起こることがあります。
むし歯
正常に生えている親知らずでも、きれいにブラッシングを行うことは困難です。したがってどうしてもむし歯になりやすく、むし歯になっても治療器具の挿入が困難だったりするため、疼痛を除くために抜歯が必要になることもあります。
また、すぐ手前の歯(第2大臼歯)との間に食べ物が詰まりやすかったりすると手前の歯もむし歯になりやすくなります。
歯並びへの影響
斜めや真横になっている親知らずをそのままにしておくと前方に押され、前歯部の歯並びが悪くなる場合があります。

 

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずであれば、特に抜歯する必要はありません。
ただし、大部分が歯肉に埋まったりしている親知らずは隣の歯の深い部分に虫歯を作ったりと悪影響を及ぼしますので、抜歯することをお勧め致します。また、親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯と違って口腔外科的技術が必要となります。

PMTC

歯科用CTを導入しました。
CT撮影をすることにより、立体に見ることができ「親知らずの抜歯」「根管治療」「歯周病による骨の状態」等正確に診断説明をし、治療を行います。

TOP